慢性疾患看護専門看護師さんにとって、求職情報をいかに集めるかは難しい問題ですよね。専門職だからこそ、見つけにくいものです。そこでここでは、筆者自身の体験から、情報収集方法をご紹介します。

 慢性疾患看護専門看護師求人情報、3つの収集方法

看護師求人情報は、主に3つの収集先があります。

1:ハローワークなどの職業紹介所

2:病院・薬局で直接掲載される求人情報

3:インターネットの求人情報サイト

 1:ハローワークなどの職業紹介所

ハローワークの求人情報は多くが低賃金の勤務条件であり、転職エージェントと比べてもハローワークの職員の対応はそれほど丁寧ではありません。

求人情報を得る方法のひとつとして、利用するのは悪くないですが、条件のよい求人情報を得るためにも、他の方法も使いましょう。

 2:病院・薬局で直接掲載される求人情報

直接病院・薬局で求人募集の張り紙がしてあることもあります。近場で通勤が楽な職場を選びたいと思うのは皆さん同じだと思いますので、近所の医療機関を訪れた際に探してみるのもいいでしょう。

ただし、給与や勤務条件について交渉したり、面接のサポートを受けるためにも、転職エージェントに間に入ってもらうと良いでしょう。無料で利用できるところもありますし、希望の条件で転職しやすくなります。

 3:インターネットの求人情報サイト

雑誌よりも、最新の求人情報が多いのがインターネット上の求人サイトです。地域・勤務条件ごとに求人情報が見られますし、サイトに掲載されていない非公開求人情報についても、取り寄せることができます。

その上で、転職エージェントのサポートを受けつつ転職活動をすると、現在の職場で働き続けながら、時間をかけずに転職することができます。というのも、近い条件の求人情報の収集・面接日程の調整や書類の作成も転職エージェントにお任せできてしまうからです。無料で代行してくれるところも多いですね。

ちなみに筆者は、インターネットから求人情報をしらべて転職しました。いい条件の求人情報はやはり、転職サイトで見つけるのが一番ですね。

 おわりに

慢性疾患看護専門看護師の転職市場は実は売り手市場で、引く手あまた。上手に転職活動をすることで、年収だけでなく、夜勤・当直などの勤務形態についても有利な雇用条件で転職できますよ。

この記事をお読みいただいたあなたが、求人情報サイトを利用して、転職活動を成功されよう、応援しております。