SPURの創刊25周年を記念したイベント
SPUR×RMK Happy Make up Dayに参加してきました。

新宿伊勢丹で開催されていて
RMKの新クリエイティブディレクターのKAORIさんと
SPURのスタイリストの影山蓉子さんのトークショーのほか
メイクレッスンや限定キットなども発売されています。


ファッションとメイクのトータルコーディネートということで
2つのテーマに基づいたファッションに合わせたメイクをデモンストレーションしていただきました。

まずは「スイートセクシー」
モデルさんは白のオーガニック素材っぽいワンピース。

アイメイクはカレードスコープアイズの01ベージュピンクを使って
ピンクをアイホールにポンポンと適当にのせて
その上からピンクを和らげるかんじでベージュをのせます。
このベージュのおかげで敬遠されがちなピンクメイクもベージュ寄りになって使いやすいそうです。
ハイライトを眉下に入れて完成。
さらにピンクを目の中央部分に入れるとポイントになっていいそうです。

チークはあえてニュアンスカラーのピンク部分を使って
頬の高い位置に軽くのせる程度に。

唇はWクレヨン&グロスリップスの01チェリーレッド。
これはマットなリップとツヤツヤのグロスがセットになったもので
スイートなメイクにはリップの上にグロスをたっぷり塗ります。


次に「モードセクシー」
モデルさんは透け感のあるシャツのセットアップにマニッシュぽいハット。
先程のメイクに少しプラスするだけでモードになるそうです。
同じカレードスコープアイズ01のピンクをアイホール全体に豪快にのせて
ハイライトで境目をぼかすかんじで。
これだけでかなりピンクが強いメイクになりました。

チークはニュアンスカラーのブロンズ部分を使って
頬全体に広くのせます。
日本人は優しいチークの色に頼りがちだけど、挑戦する気持ちで!

唇は03のヌードベージュ。
この色もかなり日本人には敬遠されがちな色をあえて今回発売したそうです。
特に色白の人だと少しオレンジっぽく発色するから案外使いやすいみたいですよ。
リップだけでもモードでいいけど、少しだけグロスをのせるとセクシーな感じが出るみたい。


影山さんのお話だと
今春のマストバイアイテムは白シャツだそうです。
透け感だったり、カッティングだったり、少し個性的な白シャツがたくさん出ているそうです。

今回のRMKのコレクションの広告でも
モデルさんが白いトップスを着ていて
それにピンクメイクっていうのは鉄板のようです。

ピンクメイクってどうしても勇気がいるけど
せっかくだから普段と違うメイクにも少しずつ挑戦してほしいというKAORIさんのお言葉でした。

そんなお話をふまえて
KAORIさんにディレクターが変わられてからどう変化したのかな?と考えると
RMKらしいパール感とかポップな色展開はそのままだけど
少しユニークな配色になった気がする。
もっとオーソドックスだったよね、前は。

特にカレードスコープアイズの新宿伊勢丹限定色がコレなんですが


ピンクにグリーンって斬新。
実際はピンクの上に重ねるとベージュぽく発色するらしいです。

会場でいただいたお菓子も新商品を模しててかわいかった。



お土産で
RMKのサンプルセットとSPURのノートをいただきました。



サンプルには気になってたトリートメントオイルが入ってたのでうれしかった!



今回メイクレッスンは参加できなかったので、改めてカウンターに行ってみようと思います。
全国の発売は1月17日(金)だそうです。