Heavy Metal「あるあるネタ」第三弾です。

 

 

アルバムを購入したのか覚えてない

自分が購入したアルバムを覚えていないと言うと老化?と思われそうですが、

メタラーの中には数百枚~数千枚のCDを持ってる人も少なくないので、

ほとんど聴く機会のないものは把握しきれなくなりますよね。

 

私はまだ500枚ほどで歴が浅い(3年ほど)ので

少なくとも4年前までには購入してるので、

まだ記憶もハッキリしてます。

 

例えば、1000枚持っていて、10年前に購入したほとんど聴く機会がなかった

CDを覚えているか?と言われたら自信がありません。

 

「あるあるネタ」で毎回のように兄が登場して申し訳ありませんが、

私「〇〇のアルバム持ってる?」と聞くと、

兄「持ってたような持ってないような・・・」と返事が返ってくることがありますww

 

私も兄と同じ状況だったら、そうなりそうなので笑えません(汗)

エクセルか何かのデータベースで管理しないと所持してることすら

分からなくなりそうです。

そう遠くない未来にも。

 

でも、データベースでCDの管理したら。図書館か?

と言われちゃいそうですね。

とはいえ、ちゃんと管理しないと持ってるアルバムをまた買っちゃった!!

なんてことになりそうで怖い。

 

 

聴かないCDは売るべき?

聴かないCDを売る派と残す派に分かれそうですが、我が兄妹は残す派です。

 

売っても大した金額にならなそうなので、

ブックオフやユニオンに持っていく手間を考えると面倒で。

まとめて売ることでそれなりの額になりそうだけど、

いっぱい持っていくのが大変なので。

 

いつか聴くかもしれない、という気持ちもあるけど、

絶対に聴かないだろコレ。というアルバムもありますww

 

あっ!ブックオフとかって出張買取してくれるんだっけ。

すっかり忘れてたけど。

もし売る場合、ブックオフとユニオンどっちがいいのだろう。

 

面倒なのでこれまで見送ってきましたけど、売るべきかな。

と考えたことはあります。

考えただけで終わりましたが。

 

コレクター心理として、一度手に入れたものは手放したくない

という気持ちが何処かにあるのかも。

せっかく集めたHeavy MetalのCD、愛着心もあるよね。